アクセスアップを色の心理効果や限定性を使うマーケティング手法

アクセスアップを色の心理効果や限定性を使うマーケティング手法

色に対する好みというのは性別、年齢、国籍
によって異なり心理的な傾向を持つといわれ
ています。

 

例えばスーツや洋服を例にとってみると
男性というのは青色の系列を好む
傾向にあり、女性というのはピンクや赤
を好む傾向にあります。

 

また年齢別に考えてみると、若い人は鮮やか
な色を好み、高齢者の人は、茶色系を好む
という傾向にあるようです。

 

このように色の好みというのは、性別や年齢
なえどによっていくつものレベルに分けら
れるというわけです。

 

近年は100円ショップというのが誕生
していますが、店内を見たことがあるひと
はご存知かもしれませんが、カラフルな
商品が目立ちます。

 

これは若い年齢層の顧客をターゲットに
しているため、衝動買いができるように
工夫を凝らした結果なのです。

 

また店内ではピンクや赤系列の色を
揃えていることが多く、女性向けに
比重を置いていることも伺えます。

 

さらに衝動買いを促進させるために限定性
を利用するというマーケティング手法が
あります。

 

これは希少性の価値を利用した方法で
残り数量がわずかしかないので、今
購入しないと二度と手に入りませんという
ことを顧客にアピールする方法です。

 

顧客にとっては、それなら何が何でも
入手しなければならないという心理状況
が働くわけです。

 

これはセールスをするためのメールでも
利用されます。

 

例えばメールの件名に「あんたは限定
3人に当選されました」というメールが
送信されてきたら一体どんな心理状況に
なるでしょうか?

 

今すぐ買わないと損をするのではないか
という心理状況になる人はきっと少なく
ないでしょう。

 

ちなみに限定性にはいくつかの種類が
あり、時間的な限定、特別な地域という
空間的限定、数量限定、売り手のオリジナル
商品という限定などが例として挙げられます。

 

特に企業ブランドイメージを向上させる
ために使用されるのが数量限定やお客様
限定という方法です。

 

高級ブランド品などは、数量限定である
ことが多く、注文してからも実際に商品
が届くまで数ヶ月もかかるということ
さえあります。

 

いずれにせよ顧客の購買意欲をかきたて
る工夫ですのでアクセスアップには
非常に有効です。

 

 

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ