アクセスアップを図るために回転率を上げる工夫をすべき

アクセスアップを図るために回転率を上げる工夫をすべき

繁盛している飲食店を思いうかべて欲しいの
ですが顧客が行列ができていて店内では忙しく
接客をしているかと思います。

 

スタッフの人は満席であるにもかかわらず
よく注文を間違えずに対応できることに
驚かされることもあるかと思います。

 

もしかするとすべての注文を頭のなかに
記憶しているのではないかと思っている
人もいるかもしれませんが決してそのよう
なことはありません。

 

実は調理の現場に行ってみればわかる
のですが、調理にとりかかるより前に
メニューにあわせてお椀やお皿などを
並べていることがわかります。

 

メニューの数にオあわせて料理を用意
すれば数とメニューを暗記している必要
はないということです。

 

そのお皿がどのメニューにあわせた
ものなのかさえ判別できればそれで
済んでしまうからです。

 

これを利用すれば顧客の回転率が高まる
ので当然アクセスアップにつながります
し売上アップにも繋がるというわけ
です。

 

さらに山積みの」商品の一角を意図的
に減らしておくという方法も有効です。

 

顧客の中には、計画的に何かを買いたい
と思って店に来る人もいれば、衝動買い
やついで買いという買い物をするひとも 
います。

 

ですので顧客にいかにしてその商品
を手にとってみたいと思わせるかどうか
という部分が売上に大きく影響すると
いうことです。

 

スーパーでリンゴの山済みのコーナー
があったとします。その一角だけが
すくなくなっているとしたら、きっと
多くの顧客が買っていったのだと思う
こともあるかと思います。

 

顧客にとっては、自分も買わないと
何だか損をしそうだ、乗り遅れそうだ
という焦りが生じて、つい買ってしまう
ということが実際にはありえます。

 

これは同調効果といって、他の顧客
が購入している姿をみると、自分も
それに従っておこうという心理状況
が働くことによって生まれるものです。

 

また色による効果というのも有効です。

 

例えば食欲をそそる赤い色でメニュー
を記載すると、生理的に食欲が増進
してしまうので、つい購入してしまう
ということがありえます。

 

このように顧客の購買意欲を刺激する
方法こそアクセスアップの方法として
活用すべき事例といえます。

 

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ