集客方法やウェブマーケティングを最大限活用した価格付けのコツ

集客方法やウェブマーケティングを最大限活用した価格付けのコツ

顧客というのは消費をする上で価格に大きく
影響されるという性質を持っています。
この性質をしているかどうかというのが
アクセスアップにも大きく影響するという
のは事実です。

 

集客方法やウェブマーケティングを最大限活用した
価格付けのコツを把握すべきです。

 

例えばショッピング街を歩いていて、
様々な商品が並んでいるのですが、
商品の種類によっては安い価格である
よりむしろ高い価格の方が売れるという
ことがあるのはご存知でしょうか?

 

その例としてショーウインドウに並んだ
ドレスが挙げられます。

 

このショーウインドウでかなりの
高額商品が並んでいた場合、顧客は
店内に入って別の商品の値段がそれ
よりも安いと、割安感を感じること
があるからです。

 

このような現象が生じるのは、顧客は
このお店は高い商品が多いのだという
固定概念が植えつけられた状態で
商品価格をチェックするからです。

 

ですので価格差が大きいほど、割安感
を感じるということになります。

 

このような効果というのはあらゆる
ショップで応用されています。たと
えば有名デザイナーが開発したブランド
品であれば高額であるのも当然だと
いう心理が働きます。

 

例えば店頭に5万円のバッグがあった
としても、顧客はその価格が標準価格
なのだろうと考えるわけです。

 

しかし店内に入ってみると、同じ
デザイナーが開発した別のバッグが
3万で売っていたとしたら、とても
安いという印象を抱くことになります。

 

逆に店頭にお買い得の廉価商品が大量
に並んでいたとした場合、店内に入る
とやたらと高額商品ばかりであったら
どうでしょうか?

 

もの凄い高い商品が多いという印象
を抱き、本来買ってくれるはずの商品
さえ買ってくれなくなることがあり
ます。

 

ですので販売者側はこの点に注意しな
いと、店内高額商品を買ってくれるよう
な顧客を逃すリスクがあるということ
です。

 

さらにネットショップで商品を販売するに
あたってもアクセスアップに大きく
影響することは事実です。

 

このようなお店の外と内での対比効果を
利用して顧客の購買意欲を掻き立てる
という方法は上手く活用すれば優れた
アクセスアップ方法になりますので、
注意をして活用してみてください。

 

 

ホーム RSS購読 サイトマップ